ニキビの悩みを改善するならアダフェリン

投稿日:2017.11.30

中学生くらいの思春期だけでなく、大人になってもニキビに悩まされる人は数多くいらっしゃいます。
他人の視線が気になってしまうので、できるだけ早く悩みを解消したいと多くの方は考えるものです。
そんな悩みを解消する治療薬として、皮膚科ではアダフェリンという治療薬を処方してくれます。
この薬は、1日就寝前の1回、およそ12週間使い続けることで63%のニキビを消滅させることができるといわれているのです。

このようにアダフェリンに高い治療効果がある理由は、アダバレンという有効成分が多く含まれているからです。
そもそもニキビとは、毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が繁殖することで発生するものです。
このアダバレンには、毛穴に詰まっている皮脂を効率よく取り除いてくれる作用があります。
したがって、アクネ菌が増えることもないので、吹き出物やニキビの改善に高い効果がある外用薬といえます。

その他にも、アダフェリンには、皮膚の角化を抑えて毛穴の閉塞を改善する作用もあります。
つまり、目に見えないくらいの小さい毛穴の詰まりを解消できるので、新たなニキビができるのを防ぐ効能もあります。
したがって、赤く炎症を起こす前に症状を予防する効果もあるといえます。

このアダフェリンでケアする際は、必ず1日1回就寝する前の肌が清潔な状態で使用することがポイントになります。
治療効果を得ようと一日に何回も塗布してしまうと、クリームの作用で日焼けする恐れがあるからです。
なので、必ず一日に一回だけ塗布することを守ったほうが良いです。

その他の注意点は、必ず化粧水、クリームなど普段のお手入れをした後にアダフェリンを塗るということです。
というのも、アダフェリンの後に化粧水、美容液、クリームでケアすると、本来、不要な部位にまで薬が広がってしまうからです。
これでは、ちゃんとした改善効果を得られないので、必ず全部のお手入れが終わった後にアダフェリンを塗る必要があります。

アダフェリンの購入先はこちらから
>>>アダフェリン0.1%@通販

ニキビは悪化するとニキビ跡が残る

思春期や大人になってできたニキビは、きちんとケアしないと悪化していきます。
悪化してしまうと結果的に、顔にニキビ跡がくっきりと残ってしまうことになります。
ニキビ跡はなかなか消えてくれないので、鏡を見るたびに憂鬱になってしまいます。
ニキビ跡の症状を解消するには、皮膚科のレーザーによる治療を受けざるを得なくなります。

ニキビ跡が残ってしまう原因は、皮膚の真皮層で炎症が起こってしまうからです。
そもそもニキビとは、毛穴に皮脂と古い角質が詰まり、そこにアクネ菌が繁殖することで生じます。
いったんできたニキビはきちんと対策を施すと、肌のターンオーバーによって自然に消えて元の皮膚に戻ります。
しかし油分の多い化粧品を使うと、さらに毛穴が詰まりやすくなり、そのまま悪化して真皮層で炎症を起こしてしまいます。
すると、毛穴周辺の皮膚組織が大きく損傷して、跡として残ってしまうのです。

また、できたニキビを指で潰してしまうことも跡として残る原因といえます。
自分の手で潰すと、手に付着している細菌が皮膚組織の中に入って炎症が悪化してしまうからです。
また、周辺の皮膚も一緒にダメージを与えてしまうので、ニキビの炎症が拡大してしまう恐れもあります。

ニキビ跡は一度、残ってしまうと、自分ではなかなか治せないものです。
ニキビ跡を残さないようにするには、まず早めに寝るなど規則正しい生活を送る事が大事です。
すると、肌の免疫力が上がって新陳代謝が良くなるので、ターンオーバーが正常化されてニキビがスムーズに解消できます。
さらに、ニキビ跡が出来てしまっても治りが早くなります。
それと、ニキビができてしまっても絶対に指で刺激を与えたり、潰さない事が大事です。